レーシックイメージ

レーシック手術を受けられる年齢制限とは

今、話題性と共に注目度が以前よりぐっと上がっているレーシックですが、
言葉自体は見聞きするものの実際どのような手術で、いったいどのような方が受けられるのか、
具体的なところまでは知らないという方が多いようです。

レーシックが視力回復に働きかける手術だということはわかっていても、
一体どのぐらいの年齢の方が受けられるものなのでしょうか。

また、レーシック手術の体への負担はどのくらいあるのでしょうか?
もちろん、眼球の成長具合や、逆を言うならば老化の状況から考えなければいけないものなので、
個人差が大きく影響するため、一概には言えないところがあります。

一般的に、眼球の成長は20歳ぐらいで止まると言われています。
そして、老眼は50歳ぐらいから一気に進行する方が多いということで、
一応のラインを引くのであれば、20歳から50歳までがレーシック手術可能ということになるでしょうか。

しかし、これはあくまでも一応の線引きであるため、特に40代を越えている方であれば
私の事例のように、自分ではまだはっきりと自覚はしていなかったものの、40代半ばにして
老眼が進んできていたので、カウンセリングの結果、レーシックは不可となってしまいました。

しかし、そういう状況や自分の眼が抱えているトラブルに気付くためにも、
カウンセリングを受けてよかったと思っています。

自分が一般的にはレーシック可能と言われる年齢内であったにも関わらず、眼の状態により
レーシックを受けることはかないませんでしたが、見えにくい状況が変わっているということに案外気づかないものなのだと自分でも驚いたものです。

コンタクトを長年使用している方など、簡単な検査は眼科でコンタクトを購入するにあたって受けてはいても、通り一遍の件さだけで済ませていると、実は進行している症状などに気付かない場合もありますので、レーシックに興味を持っているのであれば、自分が実際に受けられる状態なのかどうかをカウンセリングや事前検査などでしっかり把握しておくのが肝要です。
レーシックのデメリットについてかいてあるサイトがありますのでご覧ください。

Copyright(C) 2013 視力回復.com All Rights Reserved.