レーシックイメージ

レーシックで心配される後遺症について

私は、十年以上、コンタクトとメガネによる矯正をしながら生活していました。
でも、レーシック手術の存在を知り、視力が回復するならば、ぜひ受けたいと思い、手術をうけました。
初めはとにかく視力が早く回復したいと思い、自分でレーシックをしている眼科を調べて相談しに行こうかと思っていたのですが、いろいろと調べているうちに、レーシックに関するいろんな情報が出てきました。
その中で一番気になったのが、後遺症についてです。
レーシックの手術を受けて、後遺症が残ってしまったというような方がいるという記事を目にしたのです。
主に、後遺症になったのは、ドライアイです。
ドライアイは目が乾いてしまう症状です。
レーシック手術の影響でドライアイになってしまうのは、よくあることらしく、しかも、その後、回復することが多いのが現状だということも書いてありました。
いずれ回復するとはいえ、やはり、せっかく手術を受けたのに、新たな目の悩みを持つのは嫌だったので、自分で調べた眼科よりもしっかりと、行きつけの眼科の先生の紹介してもらうことにしました。
その他のレーシックでの後遺症の例はこちらに載っています。
いつもコンタクトを処方してもらっていた長年付き合いのある眼科に行き、先生にレーシック手術について相談したところ、若いうちに視力回復の手術を受けるのは賛成という意見でした。
そして、いくつかの病院を紹介してもらいました。
手術の症例数が多い病院、手術後のアフターメンテナンスが充実しているという病院などを紹介してもらいましたが、私が選んだのが、アフターメンテナンスが充実している病院です。
やはり、いざ手術が終わった後、見え方に納得できなかったりすることがあった場合、このような保障があると心強いです。
手術を受ける時も、何の保障もない状態で受けるのとでは精神的にも全く違います。
少しでも安心して手術が受けられるようにしたかったので、メンテナンスが充実している病院を選びました。
その後、その病院でしっかりと手術に対するカウンセリングを受け、説明も納得するまでしてもらいました。
おかげで、自分なりに納得した状態で手術を受けることができました。
そして、手術も成功し、後遺症もなく快適な視力が戻ってきました。
やはり、信頼できる病院で手術をすることは非常に大事なことだと実感しました。
信頼できる病院選びのポイントはこちらを参考にしてください。

Copyright(C) 2013 視力回復.com All Rights Reserved.