レーシックイメージ

レーシックの手術や効果について

皆さんはレーシック手術をご存知でしょうか。
レーシックとは、難しくいうと角膜屈折矯正手術の1つで、目の表面の角膜にレーザーをあて、角膜を手術することにより視力を矯正することです。
これはスポーツ選手にはオススメの治療ではないということを知っている方は少ないように見受けられます。
なぜスポーツ選手にはオススメでないかというと、強い外圧がかかるとフラップというふた状のものがずれてしまうからです。
 まず、レーシックの利点について説明します。
かなり多くの利点があるように感じます。
まず、裸眼で快適な毎日を過ごすことができるということ。
これは目が悪い人に共通する夢ではないでしょうか。
つぎに、かなり短時間の手術で終わるということです。
僕が受けた手術は15分程度で終わり、痛みもほとんど伴いませんでした。
そして、通院の必要はあるが、入院の必要はないということです。
通院するのはかなり大変なので、かなりの利点かと思います。
次に、強度の乱視や近視でさえも治療することが可能な場合があるという点です。
さらに、僕が一番オススメする点は、再発の危険性がほとんどないということです。
再発におびえながら暮らしていたのでは、手術した意味が薄れてしまいます。
以上の点がメリットです。
 次に、デメリットについて説明します。
まず、誰でも手術できるわけではなく、手術してはいけない、手術できない場合もあるということです。
次に、料金です。
料金はまだ一律にいくらなどといったように決まっておらず、幅広い価格があります。
このため、場所によってはかなりの値段を支払わなければなりません。
さらに、手術後にしばらくは、グレアなどが残ってしまう場合があります。
なので、僕はまぶしく感じたりすることが多くなったりしました。
 全体的にメリット、デメリットについて書かせていただきました。
こちらにもレーシックのメリット・デメリットがかいてありますのでご覧ください。
僕はレーシックを受ける前はかなり不安でしたが、受けた後思ったことは、「こんな手術ならもっとはやく受けておけばよかった。
」でした。
迷っている方がいましたら、まずはいろんな病院や医師を調べることをオススメします。
こちらにレーシックの満足度ランキングという面白そうなサイトがありましたのでご覧ください。

Copyright(C) 2013 視力回復.com All Rights Reserved.