レーシックイメージ

レーシックを受けて快適な生活を送っています

僕は小さい頃からゲームが好きという事もあり、毎日のようにゲームを行っていました。
学校が終わってもゲーム、朝起きてもゲームという正にゲーム三昧の生活を送っていたのです。
そういった生活もあり、視力はどんどん下がっていきました。
両親も視力が悪いという事もあり、遺伝的な要素もあったと思います。

視力が悪ければ日常生活も不便になるわけですので、メガネで視力の矯正を行っていました。
その時の年齢は思春期という事もあり、メガネを掛けるのがとても嫌でした。

そして、次に利用するようになったのがコンタクトレンズです。
コンタクトレンズはメガネのように外見に影響を与えませんので、とても快適でした。
しかし、毎日のようにお手入れを行うのは手間が掛かりましたし、
長時間装着していると目が痛くなってしまう事もありましたので、
そういった不快感はとてもストレスになっていました。

そこで一つの候補として挙げたのがレーシックです。
レーシックを受ければメガネやコンタクトレンズが一切不要になるわけですので、
非常に魅力的でした。

しかしながらレーシックについて調べていると、手術後に視力が安定しないという方がいたり、
視力がまた下がってしまうという方もいるようでとても不安な気持ちになりました。

しかし、矯正器具の無い生活というのは長年憧れていましたので、
どうしてもレーシックを受けたいという気持ちを無くす事はできませんでした。

レーシックを受ける事を決断した僕は、沢山の医療機関を回り相談を行ってみる事にしました。
大切な目に受ける手術ですので、やはり信頼のできる医療機関を利用したいと思ったからです。
医療機関探しの際にはインターネットで口コミを検索したりもしました。
色々な情報を集めた結果、安心して手術を受ける事ができそうな医療機関を見付ける事ができました。

費用も昔に比べあまりかからなくなってきたのですが、それでも数十万円はかかりますよね。
保険適用がきかないイメージがありますが、レーシックをすると医療費控除が受けられるそうなので、そちらについてはこのサイトをご覧ください。

その後、手術を実際に受けてみたのですが、今ではとても快適な生活を送れるようになっています。
手術前にはとても不安でしたが、結果的に受けて良かったと思っています。
こちらにレーシック手術前に気をつけてほしいことや目が見えるようになる仕組みについてかいてありますので参考にしてください。

Copyright(C) 2013 視力回復.com All Rights Reserved.