レーシックイメージ

レーシック手術について分かったこと

東京都の高校に通っている女子高生が、視力が低いため毎日眼鏡をかけて生活していたのですが、
最近眼鏡をかけても度が合わなくてなってしまったため今度はコンタクトレンズを使用したところ、
風が吹いた時に一緒に目から落ちてしまうことが何度かありました。
なので眼鏡やコンタクトのような目の上から視力を増幅させる道具じゃなくて、
目自体を治療して裸眼でも見えるようにできるレーシック手術を受けることにしました。

レーシック手術は目の瞳の中にある水晶体をレーザーを使って治療することで
今の低い視力から前の高い視力にすることができるので、治療費は5万円くらいしますが、
彼女の場合は学校から帰ってすぐに飲食店やコンビニのバイトを掛け持ちしながら手術の費用を貯めていたため、彼女にとってその治療費は何の問題もありませんでした。

彼女の場合、お金よりも心配していることは目を弄る治療なのだから成功するかが問題でしたが、
最近の治療でレーシック手術を受けた患者の成功率は高いことが病院のデータで明らかになっていることを彼女自身確認したので、彼女の手術に対する不安は取り除かれましら。

そして次の日に病院でレーシック手術を受ける日なので、神社に行って成功することをお祈りした後で手術を受けました。
彼女が受けたレーシック手術では、まず目の中に手術の痛みを感じることがないように麻酔注射をしてもらった後、目の上からライトのような道具を一時間くらい浴びせられました。
手術完了後、両目に包帯を巻いて2時間待った結果、包帯を取った瞬間彼女がこれまではっきりと見えなかった物がぼやけずに、ちゃんとくっきり文字の輪郭まで見えることができたので手術は無事成功することができました。

彼女のようにレーシックでの視力回復率は97%以上ととても高いそうです。
彼女も治療を受ける時は緊張しながら自分を守っていましたが、治療が終わった時は全ての問題が解決したことができるくらい彼女自身安心することができました。

レーシック手術は目をレーザーで治療する手術ですが、病院の保障も付いているので必ず成功することが彼女を見て証明できます。
こちらに レーシック手術の種類と流れ、メリット・デメリットを比較することができるサイトがありますのでご覧ください。

Copyright(C) 2013 視力回復.com All Rights Reserved.