レーシックイメージ

レーシックの手術と費用についての基礎知識

私が受けたレーシックという手術は、レーザーの照射により眼の角膜の屈折率を変るものです。
この手術により効果的に視力矯正が行えます。
レーシック治療で見えるようになる仕組みはこちらにかいてあります。
人間の目は光を取り込み水晶体で光を屈折させます。
そして、網膜で焦点が合った状態で見えているという状態は、屈折率が適切で焦点が合っている状態なのです。
私は重度の近視であったために、角膜の屈折が大きすぎ焦点が合っていない状態でした。
その為に、このレーシック手術で角膜にレーザーを照射して屈折率を変え、近視を矯正しました。
この手術に要した時間は20分程度で、麻酔も行われたために痛みはなく、手術の終了後は近視も改善され、良好な視界でものがみえるようになりました。
このように私が受けたこの手術は非常に優れた視力矯正の手術ですが、この手術を受ける前には費用についても把握しておく事が必要です。
ここではレーシックの費用についてお話致します。
先ず最初に、レーシックの手術は一般的な医療保険で給付金の対象となります。
レーシック手術にかかる費用の相場は安くて10万円程度のようです。
その為、私の場合は加入している保険の契約で、約5万円の手術給付金の支給を受ける事が出来ました。
その為、これからレーシックを受ける方は、事前に加入している保険がこの手術の給付金の対象になってかどうかを確認しておく事が大切です。
又、この手術の給付金を受け取るためには手続きが必要になりますので、予め確認しておく事も重要です。
私はこのような保険金を受け取る為の準備を行い手術を受けた為に、スムーズに給付金を受け取る事が出来ました。
又、このレーシックの手術の給付金の請求をする際には、ドクターの診断書が必要になります。
その為、保険会社から書類を取り寄せ、手術を受ける医療機関に診断書の作成を依頼しておく事が大切です。
クリニックによっては診断書作成までに時間がかかることもある為に、予め準備して手術を受けることが必要です。
このようにレーシックの費用には、このようなポイントがあります。
これから手術を考えている方、レーシックで評判の良い病院の探し方がこちらにありますので参考にしてください。

Copyright(C) 2013 視力回復.com All Rights Reserved.