レーシックイメージ

レーシックの手術前後で注意すべきポイント

レーシック手術を受ける際には、手術前に把握しておくべきポイントがあり、
手術後にも状態が安定するまで幾つかの行動制限があります。

手術をより良い状態で完了させる為には、このような点を把握しておくことが不可欠なのです。

私はこのような注意事項を事前に把握しておいた為に、無事レーシックの手術を終える事ができました。

ここではレーシック手術前後で注意してほしいポイントについて紹介させていただきます。
先ず最初に、レーシックは非常に安全性の高い手術ですが、より安全に完了させるためには手術前の準備が重要になります。

その為、私は担当の医師のアドバイスを忠実に守る事に加え、幾つかのポイントに注意しました。
前日までに注意しておきたい点として、手術当日は入浴が出来ない為に前日に済ませておくという点、手術前は飲酒やカフェインを含む飲料の摂取は行なわないという点、前日の睡眠は十分にとるという点、コンタクトレンズの使用を中止して角膜を良好な状態に維持するという点などがあります。
私はこれらのポイントに注意し手術に臨みました。

次に、レーシックの手術を受けた直後にも幾つかのポイントに注意が必要です。
この手術後には、視界が曇った感じになる事があります。
手術後は入院の必要性はありませんが、視力が回復するまでは注意事項を守る事が大切です。
手術後は裸眼で視力が回復している場合が多くなります。

しかしながら、目に大きな衝撃が加わることは避けなければなりません。
その為、洗顔も当日は控え、眼を守る必要があります。
私は数日程度洗顔は控え、濡れタオルで顔を拭く程度に抑えていました。

又、手術後は飲酒や喫煙なども控えなければなりません。
少なくとも数日間は飲酒などを行わない必要があります。

そして、視力を酷使する車の運転、パソコンの長時間の使用なども控えなければなりません。
私はこれらの注意事項を忠実に守り手術に臨んだために、無事視力を回復させる事が出来ました。
レーシックにかかる費用は10万から60万くらいと幅広いです。なので自分の予算を決めて良い病院を見つけてください。

Copyright(C) 2013 視力回復.com All Rights Reserved.